C@,Inc(猫株式会社)

はてな民&米民ブログ

【スポンサーリンク】

写真加工を馬鹿にしないで

ぼくは目付き悪い自分の顔がそんなに好きではない。

でも、インスタの機能で写りを補正したりフォトショで自分の顔の粗探し、修正をするのは嫌いじゃない。

今日言いたいのはそんなことじゃない。

加工された写真はよく"作品"と揶揄される。

真っ白な足、ピンクの唇などなど。

過剰に加工された画像を見て「写真屋(photoshop)じゃん笑」とか言ったりする。

女性にとって加工詐欺で男をたぶらかしてるやつは二次元オタクに通じる不快感があるのだろうと思う。

現実逃避は良くない。

いやいや、また話が逸れた。

すっぴんがどうとか言うつもりは毛頭ない。

言いたいことは加工することだって創作の過程なんじゃないかということ。

ぼくは3Dモデリングの世界にも足を突っ込んでいるがゲーム業界などプログラマーの世界では一から作ることに意義を感じない。

むしろ車輪の再発明と言って馬鹿にされたりする。

プログラマーの授業が小学校に入るそうだが大事なのはプログラムを教えることじゃない。

プログラマーの考え方を教えることなんだ。

【スポンサーリンク】