ILLUMI▲NATION

日々の雑記

【スポンサーリンク】

米津玄師、批評 脳の引き出しの整理のされ方が違う人を天才というんだな(感性的な意味で)

最近ブログを三つ更新するのが日課になってきた。

サザエさんみたいだな、と思った。

サザエさん時空という言葉があるがそれを維持するにもアニメクリエイター達の絶え間ぬ努力があるのだと思うと本当に尊敬する。

 

脳の整理というのは寝ている間に行われる。

基本的に人間の本能なのでそれは誰でも起こる。

なので電車とかで寝てる人を見かけたら「あ、脳の整理してるんだな」と思ってください。

夜、寝る前の過ごし方はとても重要だ。

幼少期に本を読んでもらった子供が賢くなるのはそういうことだろう。

マインドフルネスをして眠るのに集中しても良し、

音楽に集中していつのまにかで眠るのも良しだ。

脳の整理がされないという意味で徹夜は良くない。

脳が疲れると体が危険信号を出して眠たくなるのだ。

 

脳の中というのはとても整理されていて海馬で短期記憶をし、大脳新皮質という部分で長期記憶を行う。

大脳新皮質は哺乳類にしか見られず高等生物はその体積が大きい。

例えば「象徴する」と「表現する」の使い方の違いを覚えたとする。

それは始め、海馬で記憶され脳の整理がされることによって大脳新皮質で記憶される。

(間違ってたらごめんなさい、重要なところではないので読み飛ばしてくれて構わないです)

その脳の整理のされ方が人と違う人が面白い発想ができるのだろう。

それは記録されている情報量とは関係ない。

脳の引き出しの並べ方の順番は概ね決まっている。

それは人類の普遍的なものでレヴィ・ストロースの”神話論理”や”親族の基本構造”を読んでもらえれば分かるだろう。

あるいはユングの”元型”であるのかもしれないしマクルーハンの"グローバルヴィレッジ"なのかもしれないが。

 

インターネットの発達により集合的無意識みたいなものは現実味を帯びてきた。

それを掴んだものが天才と呼ばれる。それは常に変化する。

米津玄師であるのかもしれないしThe Weekndであるのかもしれないと思う。

ポップシンガーというのはその成り立ちからして時流を読まないとなることはできない。

「米津さん、尊い!神!」とかいうのはそういった思想によって行われている。

それはまさに「神」なのだ。

皆が思っていることを表現する神。

それを崇拝することが信者になることだしフォロワーになることだ。

文化は一部の天才とその他大勢のフォロワーによって作られていく。

そして、そのフォロワーの中から新たな神が出現する。

そうやって文化はアップグレードされていく。

だからBUMP OF CHICKEN disとかは間違ってると思うんだよなあ。

本人が尊敬して影響受けていると公言しているのだから。

今の一瞬の売り上げだけを見て文化を語るのはまさにミーハーと言えるだろう。

【スポンサーリンク】