ILLUMI▲NATION

日々の雑記

【スポンサーリンク】

役者になるって嘘をつくことじゃないですか

Instagramなどで綺麗な部分を切り取るのは嘘をつくってこと。

Twitterでありもしない努力の実況中継するのは嘘をつくってこと。

Facebookで知りもしない知り合いの知り合いを祝うのも嘘をつくってこと。

全部嘘、皆役者だ。

そして皆が皆各々の人生の立役者だ。

真に本当のことなんて滅多にない。

 

ぼくの今一押しの役者はやはり今ノリに乗ってる菅田将暉。

”何者“や“溺れるナイフ”、“そこのみにて光輝く”などでの名演は忘れられない。

そして何より“灰色と青”

1/10武道館で生で見たときの感動が今も蘇る。

映像もそうで米津さんが作詞した詩を自分のものにしている。

でもそれは菅田将暉の作詞した詩じゃない。

でもそれを自分のものにして見ている側を感動させるその存在感、実力が役者たるものだろう。

逆に言えば人を感動させられない演技はただの嘘である。

中二病やホラになってしまう。

 

ぼくは個人的に自分の人生を汚したくないので正直でありたいと思っている。

だが人を傷つける場合は言い回しを変えるなどして対応する。

それも演技だと見抜かれれば虚しくて悔しい思いをすることもある。

人間皆役者で観客なんていない。

だから頑張って生きていきましょう。

 

【スポンサーリンク】