ILLUMI▲NATION

日々の雑記

【スポンサーリンク】

AnmiさんのLive Paintingに行ってきた

※記事にすることの許可は取っています。

 

ライブペインティング行ってきたのでレポートを。

 

書き起こし

 

線画の色を変えるのは重要。

ツンデレのキャラクターが好き。

ツンデレはちょっと古い感じしませんか?

水は薄い色と黒っぽい色で。

色混ぜツールで境界をぼかす。

編集→レベル調整で色の調整。

ハイライト、頰は下絵を変えることもある。

頰と同じ手順で書き白目の領域もぼかす。

髪の影の色は頭の中で覚えている。

迷う人多いけどどの色でも影であれば塗っても大丈夫。

影は最初ざっくりと。

髪にも影があるので入れると繊細に見える。

ぼかしツールで影にならない部分を変えると絵が賢く見える。

立体感をつけることで体の表現が出来る。

体の影も硬くならないようにぼかしツールで。

影が遠くなっているところはぼやけさせる。

肌の影は灰色に近い黄色系を塗ると立体的に見える。

影の淵に彩度の高い色が入ると深く見える。

新海誠作品などでよく見られる。

髪の影など鋭いところは指先ツールでいじると完成度が高まる。

影がどこの色も全部同じ色だと地味に見えるので色相や明度をいじる。

影の全体をいじってグラデーション状に馴染ませる。

人によっては肌の影に青系の色を入れる人もいる。

アクセサリーや服の色の反射した影の色を入れると面白くなる。

体を塗る時に参考にしているのは昔は他の人の絵だったけど最近はグラビア写真など。

体の肉や腹筋を表現した方が魅力的に写ってたりする。

最近はそういう風に表現されるイラストレーターも多い。

女性らしいふくよかさを表現したいなら実物を。

男性向けだけではなく女性向けのカタログやコスプレイヤーの画像を参考にしている。

ロリータ服は体を隠してしまうので良くないのではないかと思い始めた。

最近は女の子らしい服装を描くようにしている。

フリルとかレースとか昔はたくさん書いていたが視線が奪われてしまうので避けている。

イラストの道を諦めてしまいたくなったこともある。

プライドが傷ついた時、続けられないと思った時、新人の方がうまく見えたり自分がいらないとか思った時。

これ諦めたら他の道がないと思ってやめないようにしている。

髪の影は一番強い影から始める。

前髪は光が当たる部分なのでリング状に影を入れて立体感を出す。

おでこの髪が一番明るくてその上と下は影が大きい。

CGはやり直しが効くので一発でできないから才能ないと思うのは良くない。

やり直しツールや自由変形ツールを駆使した方がいい。

スポイトはレイヤーから色を取得というオプションを使わないと正しい色が取れない。

髪の影は大まかに丸などを書いて指先ツールで伸ばす。

昔は書きたい色の髪の毛を書きたいように書いていたが最近は実際の女の子、茶髪や黒髪を書くことが多くなった。

高校生終わるまでは趣味程度にしようと思っていた。

プロの生き方を見たり自分の方がうまくやれると思ったりした。

独学で学んで苦労したのは資料が当時は少なかったこと。

学校に行った方がやる気も出るし仲間もできる。

指先ツールで固く雑に見えるところを修正する。

髪の毛はツヤツヤに書くことを意識して女の子の可愛いポイントの一つだと考える。

非現実的でも構わない。虹色とか入れる人もいる。

なんでも試して見ることが重要。

光の方向は最低限の説得力として覚えていた方が良い。

細かいところを綺麗に描画する。

マスキングレイヤーをロックして明るい色(白)などで上から光を当てる。

ハイライトは普通レイヤーで少し明るい色で。

ハイライトはその人の味が出るので参考にするイラストレーターのスタイルを模写して模倣したりする。

厚塗りの人などとても勉強になる。

白黒以外の色の入れ方でその人の特徴が出るのでそれで反射光を入れるとイラストが爽やかに見える。

見てる人のことを考えて視線を集める中心の部分をピントを合わせるみたいに描く。

線画の色を変える。

マスキングの領域も後から手を加える。

境界を指先ツールでいじるとすごく自然な表現が出来る。

スポイトで色を拾って細い髪を追加するのもあり。

白い服は領域にロックをかけて肌色をぼかして透けてるように見せる。

そのあと乗算レイヤーとかで最初の影の計画を見ながら胸や腕の影を入れる。

影を広げたり形を変えるのは指先ツール。

ぼかしツールで境界をぼかすと肌に繋がるところなど局面に見えやすくなる。

服の上から体の輪郭を薄く書いて影を書いてごまかしをする。

リボンはサテンリボンで検索するとわかりやすい画像が出てくる。

エアブラシで薄く影を入れる。

服は適当に。(notいい加減)

影は紫色を加えると青がベースの場合は良い。

赤系はオレンジ色で加える。

股間や骨盤を透けさせると全年齢向けではなくなるけど魅力的。

線画に肌なら茶色など加えるといい感じ。

光の方向を考えて計画を考えてから。

 

個人的メモ

ショートカットキーの使い方が速さとかやっぱりプロだなあと思いました。(ブラシサイズとか特に。)

プロは仕事が早いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】