C@,Inc(猫株式会社)

はてな民&米民ブログ

【スポンサーリンク】

1人で生きていける人間は神

人と話すことは楽しい。

人と話すために生きているのかも知れないというほど。

コミュニケーションが嫌いだと思っている人もいると思う。

でもそれはコミュニケーションの定義の問題だ。

それは理系と文系という言葉と関係する。

理系の理は理屈の理でもある。

ロジックで相手を納得させる人生を送っている人を理系と呼ぶ。

論理的思考によってでしか良い作品は生まれないと思う。

想像力は連想という論理によって成り立つ。

論理はたまに相手の考えを否定する為にも使われる。

理系の人間がコミュ障などというイメージがあるのはそのせいだ。

文系の文は文化の文でもある。

文化というのは作品のことを言うのではない。

文化というのは世界にもあるし国にもあるし都道府県にもあるしもっと小さいところ、学校や家族にもある。

 

文化や論理を一人で成り立たせるのがいわゆる天才なのだと思う。

孤高型の天才は大体そういう特徴を持っている。

文化や論理は人間の本能に近い。

人間は考える葦だとはよく言ったものだ。

自分との対話のみで生きていける人間が天才であり神と呼ばれると思う。

それは人で有らずの量の努力や人並み外れた想像力を持ってしてでしかありえない。

 

技術が日々進歩して音楽も一人で作る時代になった。

中田ヤスタカ、米津玄師、岡崎体育などなど。

昔のバンドのように収入が四分割されたりしないので逆に言えば格差が広がっているということでもある。

これからの時代、それを目指すのもアリかもしれない。

 

 

【スポンサーリンク】