C@,Inc(猫株式会社)

はてな民&米民ブログ

【スポンサーリンク】

リア充の忌引き

ぼくはリア充って言葉使うことない。

自分がどうとかも考えたことない。

 

去年の暮れ、おじいちゃんが亡くなった。

事情があって子供の頃から会っていなかったが悲しかった。

その知らせを受けた日はネットをする気が起きずただ眠っていた。

ただ久しぶりにタバコが無性に吸いたくなったのは覚えている。

おじいちゃんもタバコをよく吸っていた。

タバコという概念を教えてもらったのもおじいちゃんからかもしれない。

 

ぼくはただの根暗な引きこもりクリエイターだが、

どんなリア充にも家族はいて家族はいつか死ぬ。

その時、リア充だから明るいとか陽キャラだから明るいとかは無い。

ただ人が死んで悲しむ人がいる。

人生は生と死の連続であってそのハレとケの間で揺れるだけである。

ただ葬式はある意味ではハレだと思う。

中国のある地方では葬式で爆竹、花火、楽器隊が音をかき鳴らすらしい。

大往生だったならなおのこと。

 

リア充も家族が死ねばリア充じゃなくなる。

そもそもリア充とかいうのがくだらない。

充実できないのは能力不足というかそいつが子供なだけだ。

【スポンサーリンク】