ILLUMI▲NATION

日々の雑記

【スポンサーリンク】

天才っていうのは自分の考えを持ってる事じゃなく自分で法則を発見する人

f:id:jnbsx:20180806011331j:plain

天才ってかっこいいですよね。

 

生まれ変わったらなりたいものです。

 

天才の定義はいろいろある。

 

タレントを天才と呼ぶ場合もあるし実績を残した人を天才と呼ぶ場合もある。

 

 でもぼくの考えではそうじゃない。

 

個人的な意見に過ぎないがぼくが思う天才は法則を発見する人のことだ。

 

法則というのがわかりにくかったらルールでもいい。 

 

世の中そうなっとるというルールのことだ。

 

凡才はルールに気付きそうになっても実践しない。

 

だからいつまでたっても凡才なのだ。

 

ルールを変えたり人の考え方を変えるのは実はとても難しい。

 

だから発見するのだ。

 

今の世の中を貫いている一貫したルールというやつを。

 

そしてそのルール通りに行動すれば時間と金の使い方次第でいくらでも成功する。

 

だから天才というのは理系というか頭のいい人が多い。

 

金を稼ぐ法則、人に認められる法則、物を作り出す法則。

 

全部頭のいい人は知っている。

 

成功している人間はお金持ちで友達も恋人もいてなおかつクリエイティヴだ。

 

というか古代ギリシャ的に言えばそうでない人間は奴隷だ。

 

イケメンは頭がいい。

 

スマートという言葉は日本に入ってきてごちゃまぜの意味になったが結局同じことだ。

 

そして、天才の真似をすることはぼくらでも出来る。

 

日常の中に法則を見つけたり才能ある人に教えを乞うのだ。

 

そうすれば人生うまくいく。

 

ぼくが最近ハマっている言葉だが、

 

「心の師匠、心の友、自分を慕ってくれる弟子がいない人間は二流」

 

本当にそうなっとると思います。

【スポンサーリンク】